マットレスで腰痛・背中の痛みって改善するの?

腰痛、背中のコリなどで、悩んでいませんか?

腰痛、背中のコリなどは、普段の姿勢の悪い状態が続くことが原因と言われています。

腰痛や背中のコリなどに悩む人の多くは、重い荷物を持ったり、介護職や長時間のデスクワークなど、長時間同じ姿勢や、悪い姿勢が続くことで、腰や背中に負担がかかり、筋肉の疲労・緊張が蓄積されるためです。

起きている間は、ストレッチや柔軟体操をして筋肉の緊張をほぐすことができますが、完全に休むことができないのが現状だと思います。

1日のうちで疲労や筋肉の緊張を回復させることができるのは、寝ている時なのです。

そう、寝ている時しかないのです。

腰痛、背中のコリの改善には、寝ている時に、正しい寝姿勢で体圧を分散させ、腰や背中に体圧が集中しないようにすることで、筋肉の緊張をほぐし、疲労を回復させる必要があります。

そこで、重要になってくるのが、自分の身体にあった、敷布団(マットレス)選びです。

そこで、コリや痛みの改善に効果があった口コミが多いマットレスを探してみました!

 

この記事でわかること
  • 腰・背部コリ(痛み)の原因と対処法
  • マットレスの選び方
  • 口コミで効果があったマットレスを紹介

 

腰・背部コリ(痛み)の原因と対処法

筋肉痛

腰・背部コリ(痛み)の原因には大きく分けて2つの原因があります。

腰・背部コリ(痛み)の原因
  • 日常生活(普段)の姿勢
  • 寝具が合わない(マットレス)

 

日常生活(普段)の姿勢

腰痛、背中のコリなどは、普段の姿勢の悪い状態が続くことが原因と言われています。

仕事などでどうしても、長時間同じ姿勢や、悪い姿勢してしまうのでは避けることができません。

そのため、日中に筋肉の疲労・緊張が蓄積される続けることで、腰・背部コリ(痛み)が起こるのです。

肩や腰や背中がコル人は、長時間のデスクワークや合わない敷布団で寝たりと、悪い姿勢を長年続けている人が多いという統計もあります。

また、そういう人は、背骨が歪んでいる人が多くいるのです。

1.背骨が歪んでいると、背中や肩がコリやすい

2.背骨の歪みは、万病の元である

3.背骨の歪みは、長年の無理な姿勢での積み重ね

 

腰・背部コリ(痛み)になりやすい人

立ったままで長時間作業する人

(美容師や、スーパーのレジ係など)

長時間立ったままのため、腰んい負担がかかり、筋肉が緊張・疲労してしまい、腰痛が起こりやすくなります。

長時間座ったままの人

(受験生、事務職、SE、タクシードライバーなど)

長時間座ったままの姿勢は腰痛になりやすい。姿勢正しく座っていても、同じ姿勢を続けることで、疲労は蓄積されます。

重い荷物を持つ人

(配送業、引越し業など)

重い荷物を持上げたり、降ろしたりする時に、瞬間的にでも、腰に大きな負荷がかかります。いままで、腰痛がなかった人でも、突然、腰痛になる可能性があります。
妊娠中の妊婦

お腹のふくらみに合わせて姿勢が変化したため、お腹をかばう動作が多くなることで、常に姿勢が悪くなります。

また、寝ている時も、寝返りを打ちのが打ちづらく、同じ寝姿勢になるため、腰に負担がかかるようになるためです。

 

寝具が合わない(マットレス)

普段の生活では、日中は仕事などがあり、起きている間は、仕事や日常生活で腰や背中への負担を避けることができませんよね。

さきほども話しましたが、重要なのどもう一度言いますが、

寝ている時が、1番1日の疲労や筋肉の緊張を回復させることができるのです。

そこで、マットレス選びが重要になってくるのです。自分にあわないマットレスで寝ていると、回復しないだけでなく、筋肉の疲労・緊張が蓄積される続けるのです。

起きている時だけではなく、寝ているときの姿勢も大切です。

起きている間は意識して姿勢良くすることはできますが、寝ている間は、無意識のため、姿勢をコントロールできません。

そのため、無意識でも自然と正しい姿勢にするこができる、マットレス(敷布団)で寝ることが重要になります。そうすることで、筋肉の疲労・緊張を和らげることで、腰痛・背部痛が改善できるのです。

ここで私の経験談をお話しします。

私は、5年前に引っ越すまでは、畳の部屋で5cmの綿の敷布団を敷いて寝ていました。

引っ越してから、直接フローリングに以前から使っていた綿の敷布団を敷いて寝ていました。

はじめの頃は、床を感じるような底つき感があり、朝起きた時「ちょっと体が痛いな」と感じるようになり、フローリングに敷布団を敷いて寝るのは慣れていないからと思って寝ていたのです。

しかし、引越して半年経ったあたりから、朝起きると、疲れが取れていない、体が痛い、背中がこっている、腰が痛いと顕著に感じるようになり、休日にゆっくり休んでも改善されない状態が続いたのです。

しばらくすると、今度は、胸が痛くなりはじめ、息苦しさも感じるようになりました。

そこで、病院で検査してみましたが、「特に異常なし」だったので、今度は接骨院に行くと症状が改善したのです。

そこで、柔道整復師の先生に、相談したところ、疾患は否定できないが、検査で異常なかったことを考えると、背中のはりが、筋肉を引っ張り、胸が痛くなりことは、よくあることらしいのです。

しかし、接骨院に通うのをやめると、1週間くらいで、また背中の張りを感じるようになりました。やはり、コリが原因だったようです。

このままだと、同じことの繰り返しになるので、根本的に改善しなければヤバいなと思い、マットレスを変えることにしたのです。

 

そこで、自分にあったマットレスを変えてみようと思い、口コミを調べたみた結果、

朝起きた時の体の痛みがなくなった。

背中の張りも気にならなくなった。

寝心地も、今までとは違い、ふわっとしていて、体重が分散され、抜群の寝心地です。

と評判で、体圧分散性に優れ、「首」「背中」「腰」などに体圧がかからなく、腰痛改善や、背骨の歪みの改善に効果が期待でき、通気性や寝心地がよさそうなマットレスがあったので、紹介してみます。

おすすめ腰痛改善マットレスランキング

 

Ranking 1位13層やすらぎマットレス
  • 厚さ27cmのボリューム
  • 3Dスプリング高反発構造により、体圧を分散し、「首」「背中」「腰」に集中するのを防ぐ
  • 特注の通気口を装備しているので、常にマットレス内部が清潔
  • 坊ダニ・抗菌防臭が徹底されている
  • 60日間返品保証

 

 

 

Ranking 2位雲のやすらぎプレミアム
  • 厚さ17cmのボリューム
  • 新クロスクラウド製法により、体圧を分散し、「首」「背中」「腰」に集中するのを防ぐ
  • ホルムアルデヒド基準もクリアされているので、お子様にも安心
  • 坊ダニ・抗菌防臭が徹底されている
  • 100日間返金保証付き

 

 

Ranking 3位モットン
  • 日本人の体型に合わせて設計されている
  • 自然な寝返りをサポートする反発力
  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • ウレタンフォームのため、ダニを寄せ付けず、ホコリもでない
  • 90日間返金保証キャンペーン

 

関連ページ

極厚13層で眠りの常識を変える高反発マットレス! 13層やすらぎマットレス 高さ27cmの大ボリュームの独自3Dスプリング高反発構造で、体圧分散性に優れたマットレスの紹介。
雲のやすらぎプレミアムは腰痛対策マットレスなのか口コミなど調べてみた 雲のやすらぎプレミアム 通常のマットレスと違い、新クロスクラウド製法により、体圧を分散し、「首」「背中」「腰」に集中するのを防ぐマットレスの紹介。
日本人の体型に合わせて設計された腰痛対策マットレス「モットン」 モットン 日本人の体型を徹底的に研究し、日本の気候も考慮して開発された、日本人にピッタリのマットレスの「モットン」の紹介。

 

コメントは受け付けていません。