13層やすらぎマットレスの腰痛改善の理由

13層やすらぎマットレスの腰痛改善の理由

13層構造マットレスが腰痛改善に効果が期待できるのは、徹底的に寝ている間の体圧分散性を追求しているためであり、13層構造マットレスの内部構成に秘密があります。

13層構造マットレスは、

・ハイグレードニット

・マイティトップⅡ

・ウレタン17mm

・クラウドMAXウレタン20mm

・ウレタン8mm

・チップウレタン17mm

・プレミアム高反発コイル

・チップウレタン17mm

・ウレタン8mm

・クラウドMAXウレタン20mm

・ウレタン17mm

・マイティトップⅡ

・ハイグレードニット

上下の6層からなる層で、6.5インチの極上ポケットコイルを上下で挟み込む構造をしています。

また、クラウドMAXウレタンは、ラテックス並みの反発力と、ラテックスの2倍の通気性を持ち、ウレタンの肌触りを兼ね備えることによって理想の反発力を実現しています。

さらに、独自の3Dスプリング高反発構造で、体圧分散性を高めるいるので、腰痛改善、と背骨の歪みの改善が期待できます。

3Dスプリング高反発構造で体圧分散で腰痛改善

13層やすらぎマットレスは、3Dスプリング高反発構造の、ポケットコイルを使用したマットレスのため、体圧分散が優れています。

3Dスプリング高反発構造とは、片側3枚のウレタンがまるで、スプリングのように、上方から体圧を吸収し、チップウレタンが横方向へ均等に逃がします。

そして、プレミアム高反発コイルにより、体を上方へ押し上げます。

さらに、反対の片面のウレタンもスプリングように体圧を吸収し、体圧を横に逃がすので、特定の部位に負担がかかることありません。

そのため、1点に体圧が集中せず、体にに負担をかけないため、理想の体圧分散性を実現しています。

極厚13層で眠りの常識を変える高反発マットレス!

異なるウレタンを採用することで、ウレタンがスプリングの役割を果たし、上からの体圧を吸収し、さらに体圧を横方向へと均等に逃がします。

極厚13層で眠りの常識を変える高反発マットレス!

通常のマットレスのコイルの配列方法は、平行配列を採用しています。

この平行配列は、単位面積あたりのコイルの数が少なくなります。

そのため、反発力が弱くなります。そのため柔らかい寝心地になります。

しかし、13層マットレスでは、ポケットコイルを、体圧分散性と耐久性を高めるために、高密度ハイブリッド交互配列を採用。

交互配列は、どこの点に荷重がかかっても、均等に荷重を分散させる効果があるので、隙間なく体圧を分散させることができます。

さらに、コイルは、日本最高クラスの6.5インチの「プレミアム高反発コイル」を使用しています。

6.5インチの極上ポケットコイルは、通常で使われるコイルより3センチも高く、高い反発力・耐久性があります。

 

13層やすらぎマットレスは、徹底的に体圧分散性を高めることで、首・腰・背中などの部分に集中する体圧を分散させます。

寝ている間に、広範囲にわたって体圧分散をすることによって、腰痛改善や、背骨の歪みを改善に効果が期待できるのです。

つまり、下で支えるマットレスの質次第で、寝心地がかなり変わってしまいます。

 

 

コメントは受け付けていません。