雲のやすらぎプレミアムの腰痛改善効果

朝起きた時、腰が痛い、体が痛い、熟睡がなく疲れがとれない、寝ている時も、寝返りが打てないと悩んでいる人は、多いと思います。

特に、腰痛で悩んでいる人が、腰痛改善にマットレスを変えたら、腰痛改善でき、朝までぐっすり眠ることができたという話はよく聞きます。

雲のやすらぎプレミアムは、腰痛改善効果があり、腰痛対策敷布団として好評です。

ここで、マットレス選びが重要になるのですが、腰痛の原因を知らなければ、マットレスを選ぶ基準が分からないと思います。

腰痛の原因の一つとして、睡眠時の姿勢が悪い、体に合わない敷布団を使用していることがあります。

体に合わない敷布団を使用していると、腰と体のバランスが悪くなり腰痛の原因になります。

長時間同じ姿勢で寝ていると、体の各部分にかかる負担が異なります。頭に8%、背中に33%、腰に44%、膝に15%の負担がかかると言われています。

柔らかすぎる布団(低反発マットレスなど)を使用していると、寝ている間、体が深く沈み込み、寝返りをうつとき強い力が必要になり、寝返りができずらくなり、ついつい仰向けに寝てしまい、仰向けに寝ていても、お尻が沈んでしまい、腰を中心とした特定の箇所に負担がかかり過ぎて圧迫してしまいます。

つまり、寝ている間は腰を曲げた状態と同じになりますので、腰に負担がかかるだけでなく、寝姿勢も悪くなるため、体全体が痛くなり、背骨の歪みの原因にもなります。

その結果、逆に腰痛を引き起こしたり、悪化させることにもなります。

硬すぎる布団(せんべい布団など)を使用していると、体との接点に負荷がかかり過ぎて、腰や背中を中心に痛みを感じることになるので、筋肉が硬直し続けます。

そのため、体の重量がかかりやすい箇所の負担を、うまく逃がしてあげる必要があります。

また、薄すぎる敷布団を使用していると、底つき感が出てしまうため、体を支えること自体が難しいので、結局、下で支えるマットレスの質次第で変わってきます。

そこで、腰痛改善だけではなく、体が痛い、熟睡がなく疲れがとれない、寝ている時も、寝返りが打てないと悩んでいる人の、マットレス選びのポイントは、

  • 薄すぎない(床に底つき感がない)
  • 柔らかすぎない、硬すぎない、高反発マットレス
  • 体圧分散性に優れている

上記のポイントを押さえているマットレスです。

そのポイントを雲のやすらぎプレミアムは、押さえており、問題を解決してくれています。

  • 薄すぎない(床に底つき感がない)

雲のやすらぎプレミアムは、5層構造をしているため、極厚17cmもの厚みがあるため、底つき感ががありません。

底つき感がある場合は、床に直接寝ているイメージです。

体が痛くなり、腰痛改善できないのはわかると思います。

 

  • 柔らかすぎない、硬すぎない、高反発マットレス

通常、マットレスの反発力はニュートン(N)という単位で表されます。

高反発マットレスの定義は100ニュートン以上

低反発マットレスの定義は100ニュートン未満

です。

腰痛対策マットレスの高反発マットレスの基準は、実際に使う人の、体格や体重である程度の、目安はあります。

体重45kgまで 100ニュートン
体重46~80kg 140ニュートン
体重81kg~100kg 170ニュートン

100㎏以上、
筋肉量の多い

200ニュートン

上記の表は、あくまでも目安なので、好みなどもあります。

硬さの見当がつかなくて、硬さのみの感覚を知りたい場合は、マットレス店頭販売している店で、硬さを体験してみるのもいいと思います。

雲のやすらぎプレミアムの硬さは、150ニュートンで、一般的な体重の人の体重に合わせています。

雲のやすらぎプレミアムが使っている、凹凸アルファマットは、反発弾性がありクッション性に優れており、吸音性・遮音性に優れ、液体・気体の透過性がよく、柔軟性に優れ、縦の耐荷重強度が大きく、耐久性にも優れています。

また、3層目にある高反発スプリングマットに、独自の体圧拡散製法を用いた新クロスクラウド製法を採用することで、寝返りがうちやすく理想な寝姿勢で眠ることができます。

この新クロスクラウド製法は、筋肉をリラックス状態させ、背骨のラインがゆるやかなS字を描くような、姿勢を保つことができる製法です。

この姿勢が、腰痛改善に効果的なのです。

 

 

コメントは受け付けていません。