寝起き腰痛の原因

寝起きの腰痛の原因はマットレスにあった

朝、起床時の腰痛ある人の原因の多くは、マットレス(敷布団)が身体にあっていないことが多いんです。

1日の間で、腰を休ませることができるのは、寝ている間だけなのです。

本来、寝ている間に腰が休んでいるはずなのですが、十分睡眠をとって腰を休ませているが、腰痛が改善されない人は、睡眠時に腰を十分休ませていないからです。

起床時の腰痛の原因の多くは、寝ている時の姿勢(寝姿勢)がよくないため、腰への負担が軽減されず、寝ている間も腰への負担がかかり続けるため、腰が休めない状態にあるのです。

寝ている間、身体にかかる負担は、頭に8%、背中に33%、腰に44%、膝に15%の負担がかかると言われています。

寝ている間にかかる負担は、1番腰にかかるわけです

寝ている間は、無意識なため寝姿勢を意識できません。

寝ている間は意識して正しい寝姿勢をとることができないわけです。

つまり、寝ている時に使用しているマットレス(敷布団)次第なのです。

寝起きの腰痛の原因の多くは、自分にあったマットレスではないことが多いのです。

どういうことかというと、自分の身体にあっていないマットレス寝ている時の寝姿勢が悪いということなのです。

体に合わない敷布団を使用していると、腰と体のバランスが悪くなり無理な姿勢で寝ているため、腰に負担がかかるために腰痛が起こるのです。

寝姿勢を改善するには

マットレス(敷布団)を変えればいいわけです。」

そこで、重要になってくるのがマットレス(敷布団)選びです。

マットレス(敷布団)選びのポイントは

1.高反発で体圧分散性に優れている

2.寝返りがうちやすい

高反発だと体が沈み込まず、体を上方へ押し上げます。

体圧分散性に優れていると、首や背中、腰に集中していた体圧の負担が、分散されるため、腰への負担が減り腰痛改善されるのです。

人は寝ている間に、約20~30回の寝返りを打ちますが、この寝返りを打つことが、腰痛改善に重要になるのです。

理由は、ずっと同じ姿勢で寝ていると、首や腰などの特定の部分に体圧の負荷がかかるため、筋肉が緊張して疲労したり、血液やリンパの循環が悪くなってしまいます。

それを解消するために、人は寝返りを打つのです。

寝返りを打つことにより、長時間特定の部分に体圧の負荷がかからないようになります。

日本人の特徴として、欧米人に比べ筋力が弱く(特に女性)なため、重要となってくるのが、寝返りのうちやすく、高反発で体圧分散性に優れたマットレスを選ぶことです。

 

コメントは受け付けていません。