腰痛持ちの人は低反発マットレスはNG!

腰痛で悩んでいる人は、多いと思います。

低反発マットレスは、柔らかく力を加えるとゆっくりと沈み込み、体にフィットするため、体全体を包みこむような寝心地です。

一般的に硬さが75ニュートン未満の硬さが、低反発マットレスといわれています。

逆に高反発マットレスは、100ニュートン以上の硬さといわれています。

しかし、低反発マットレスで、腰痛が改善しなかったり、腰痛が悪化したりしたという声が多くあります。

その理由として

  • マットレス自体が身体の形にそって沈む
  • 寝返りがしづらい

反発力がないということは、寝るときマットレスに寝転んだ時、マットレス自体が身体の形にそって沈みこみ、身体を支えることができず、身体の重い部分が沈みこみ、寝姿勢が悪くなります。

背骨の自然なS字カーブをしています。

体が沈みこむとS字カーブを維持できず、腰への負担が大きくなり、疲労物質がたまることで腰痛につながります。

特に、体の部分で沈みこむ身体の部分は、頭、背中、お尻の部分です。

お尻の部分が一番沈み込みます。

お尻が沈みこむと、腰に負担が大きくかかります

毎日、その悪い寝姿勢で寝続けると、腰によくないのは分かると思います。

本来、寝ている時に腰を休ませることで、腰痛の改善につながりますが、このように腰に負担のかかる寝姿勢で寝ることは、腰痛悪化の原因となります。

また、低反発マットレスは、沈み込んでしまうため、寝返りを打つときに余計な力が必要になります。

そのため、寝返りが打ち辛いため、寝返りをする回数が減ります。

寝返りの役割として、寝ている間に体の特定の部位に負荷が集中することを防ぐように、負荷を分散する役割があります。

寝返りの回数が減るということは、同じ姿勢で寝ている時間が増えるということです。

同じ姿勢で長時間寝ていると、体の同じ部分に負荷がかかります。

仮に、腰に負担がかかる姿勢で寝ていると、腰に負担がかかり、腰痛の改善どころか腰痛を悪化させることにもなりかねません。

首に負担がかかる姿勢だと、肩こりや頸椎のズレや痺れの原因にもつながります。

寝返りを打つ回数が減ると、体の特定の部分に負荷がかかり、筋肉のコリがほぐされなかったり、血液の流れや、リンパの流れも悪くなります。

そうなると、疲労物質がたまり寝ていても疲れがとれなく、スッキリしません。

こういった理由から、腰痛で悩んでいる人には、低反発マットレスはおススメできません。

腰痛を改善する場合は、高反発マットレスがオススメです。

腰痛を改善するマットレス選びには、いくつかポイントがあります。

適当にマットレスを選んでも、ポイントを押さえなれば腰痛は改善されません。

腰痛改善をが期待できるマットレスを選ぶポイントは、

1.高反発マットレスである

2.体圧分散性に優れている

3.厚みがある

詳しくは、腰痛を改善するマットレス選びを参考にしてみてください。

 

腰痛改善でオススメなのが

雲のやすらぎプレミアム
  • 厚さ17cmのボリューム
  • 新クロスクラウド製法により、体圧を分散し、「首」「背中」「腰」に集中するのを防ぐ
  • ホルムアルデヒド基準もクリアされているので、お子様にも安心
  • 坊ダニ・抗菌防臭が徹底されている
  • 100日間返金保証付き

 

モットン
  • 日本人の体型に合わせて設計されている
  • 自然な寝返りをサポートする反発力
  • 体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
  • ウレタンフォームのため、ダニを寄せ付けず、ホコリもでない
  • 90日間返金保証キャンペーン
 

コメントは受け付けていません。