モットンとシモンズとの比較

モットンとシモンズとの比較

腰痛対策マットレス モットンとは、多くの人が腰痛で悩んでいる人の為に、腰痛改善のために作られたマットレスです。

日本人は欧米人に比べ筋力が弱いので、モットンを開発する時に、日本人の体型を徹底的に研究しました。

さらに、日本の気候も考慮して、開発されていますので、日本人にはピッタリです。

そのため、日本人の腰痛改善に効果が期待できるマットレスであります。

また、他の同様の効果が期待できるマットレスは多数あります。

では、他のマットレスとはどこが違うのでしょうか。

今回、世界最大級の老舗ベッドメーカーでよく知られている、シモンズと比較してみます。

シモンズは、ポケットコイルマットレスが採用されています。

 

  モットン

シモンズ

ゴールデンバリュー

特徴 日本人の体型を徹底的に研究して、日本の気候も考慮して、開発されたウレタンフォーム フィルケア・ポリティ配合綿が使用され、繊維がらせん状の構造
効果 腰痛改善、背骨歪み矯正、疲れ回復 腰痛改善、疲れ回復
メンテナンス 丸洗いが不可なため、日陰干し 丸洗いが不可なため、日陰干し
通気性 通気性がよい 不織布が採用されており通気性がよい
体圧分散 体全体の体圧分散性にとても優れている ポケットコイルが点で体を支え、体圧を分散している
耐久性 耐久性に優れている(80,000回の繰り返し圧縮試験でも復元率96.0%) 耐久性に優れている
送料 無料 無料
価格

シングルで39,800円(20,000円値引き含む)

シングルサイズ167,400円

モットンの特徴

モットンは、日本人の特徴を研究して開発されたマットレスです。

そのため、反発力にこだわって開発されており、女性でも自然な寝返りをうつことができるように考慮されています。

従来の高反発マットレスと比べ、どのくらいの自然な寝返りが打てるかというと、通常の高反発マットレスを使用した場合の、1回のエネルギー消費量を100とすると、モットンを使用した場合の、寝返りする際のエネルギー量は約80ですみます。

シモンズの特徴

シモンズは、100年以上前に、アメリカで創業された老舗メーカーです。

今は色々なメーカーが採用している、ポケットコイル(コイルスプリングをひとつひとつ独立したポケット(袋状の不織布)で包む)を商業化に成功しました。

帝国ホテル、ウェスティンホテルなどの高級ホテルでも採用されており、高級品というイメージがあります。

80万円超えのマットレスもあるくらいです。

また、コイルの素材や、コイルの硬さ、そしてコイル配列、ポケットコイルの袋、コイル数、にこだわっている、マットレスです。

マットレスはコイルの素材と太さ、長さで、寝心地が変わります。

シモンズのマットレスは、

コイル素材:超硬鋼線

コイル太さ:1.7mm、1.9mm、2.1mm

コイルの長さ:8.25インチ(21cm)、7.5インチ(19cm)、6.5インチ(17cm)、5.5インチ(14cm)

を使っており、

シモンズのマットレスのポケットコイルの配列は、平行配列を採用しています。

この平行配列は、単位面積あたりのコイルの数が少なくなります。

また、通気性に関しては、マットレスとボックススプリングによって大きな空気層を形成しており、ニードルパンチ製法という特殊技術で作られた、不織布の袋を使っているため、高い通気性を実現しています。

そのため、反発力が弱くなります。そのため柔らかい寝心地になります。

シモンズのマットレスは種類が多く、値段も高いため、絶対に失敗したくないので迷うと思います。

どの種類が自分にあうか知るだけでも大変です。

実際に展示している店舗に行って試してみるのもいいと思います。

しかし、展示している店舗で試しても、実際に数日寝て試すことができませんので、効果を実感して購入することができません。

そこで、代表的なマットレスを見てみます。

ゴールデンバリューとニューフィットがあります。

違いは、コイルの太さです。

ゴールデンバリューのコイルの太さ:直径1.9mmの太さのコイル

ニューフィットのコイルの太さ:直径1.7mmの太さのコイル

が使用されています。

ゴールデンバリュー:シモンズのマットレスの代表的なモデルです。

ゴールデンバリューの寝心地は、太いコイルを採用しているため、しっかりと身体が支えられる硬めのマットレスです。

体格が良くて体重のある人に向いていので、主に男性向きかと思います。

ニューフィット:ゴールデンバリューに比べると、コイルの太さが細いため、柔らかく体にフィットします。

体重が軽い人に向いているので、体重の軽い男性や、主に女性向きかと思います。

モットンとシモンズの比較

モットンのほうが、シモンズよりも、値段は安く薄いのですが、どちらも、体圧分散性、耐久性、寝返りのしやすさはよいのですが、シモンズの方が、性能はよいと思います。

しかし、モットンは、持ち運びが楽であること、メンテナンス性に優れている(丸洗いできる)点などは、シモンズよりも良い点です。

また、モットンは、長期間使用していると、多少へたりも多少みられるようです。

モットンは、ベッドや床に直に置く場合でもメンテナンスできる人、腰痛に悩んでいる人、快適な寝心地を追求したい人に、向いています。

特に、腰痛改善や、背中のコリ、疲労回復に悩んでいて改善したい人には、おススメです。

モットンは、どちらかといえば、コストパフォーマンス重視に考えている人や、シモンズよりもお手軽さを求める人向けのマットレスです。

コメントは受け付けていません。