モットンの腰痛改善効果

朝起きた時、腰が痛い、体が痛い、熟睡がなく疲れがとれない、寝ている時も、寝返りが打てないと悩んでいる人は、多いと思います。

特に、腰痛で悩んでいる人が、腰痛改善にマットレスを変えたら、腰痛改善でき、朝までぐっすり眠ることができたという話はよく聞きます。

 

腰痛の原因

腰が痛くなる根本的な原因は、神経がある筋肉に、「凝っている、硬い、カチカチ」など、何らかの異常があることで、筋肉が緊張している状態にあるためです。

この筋肉が緊張した状態が続くと、血管や神経が圧迫されるために、痛みや痺れが出ます。

筋肉の緊張は、骨盤などの歪みやズレなどで起こります。

また、骨盤や骨格が正しい場所にあっても、長時間同じ姿勢や、無理な姿勢を続けていることでも、筋肉は緊張して腰痛になります。

筋肉の緊張は、筋肉表面ではなく、骨に近い部分で起こるため、表面を押したところで、骨に近い深い部分まで押した力が届きません。

そのため、筋肉の緊張ほぐれず、表面を押しただけでは、筋肉の緊張は、あまり改善しません。

腰への負担は、日常生活において様々なシーンで起こります。

・長時間のデスクワーク

・車の運転

・家事

・子育て

・立ち読み

・中腰での作業

など、日常生活でも腰に負担はかかっているのです。

例えば、椅子にまっすぐ腰かけた状態の腰への負担は、まっすぐ立っている時の1.4倍の負担が腰にかかっています。

長時間座ったり、前傾姿勢を続けていると、腰周りの筋肉に過度な負担がかかることが増えると腰痛になりやすいのです。

また、筋肉は緊張状態が続くと、疲労して硬くなる性質があるのです。

筋肉の緊張状態が長く続くと、筋肉に老廃物が溜まり慢性的な痛みとなります。

これが原因で起こる腰痛は、腰にかかる負担を減らし、緊張をほぐして休ませれば、腰痛は改善されるのです。

モットンの腰痛改善効果について

筋肉の緊張状態が続くことにより起こる腰痛を改善する方法は、腰にかかる負担を減らし、休ませることが1番です。

しかし、腰を休ませるといっても、仕事で長時間デスクワークをしていたり、掃除などの家事や、おむつ替えや抱っこなどの育児、そして介護など等、どうしても腰に負担がかかるといって止めることができないことがあります。

起きている間は、腰を休ませることができません。

そこで、腰を休ませることができる時間で重要になってくるのが、寝ている時間です。

本来、寝ている間に腰が休んでいるはずなのですが、十分睡眠をとって腰を休ませているが、腰痛が改善されない人は、睡眠時に腰を十分休ませていないからです。

腰を十分休ませるためには、寝ている時の姿勢が大切なってきます。

寝ている時は、無意識ですので、意識して正しい姿勢で寝ることは不可能だと思いませんか?

では、どうすればよいのでしょうか?

答えは、正しい姿勢で腰に負担のかからなくなるマットレス(敷布団)に変えればいいのです。

そこで、重要になってくるのがマットレス(敷布団)選びです。

マットレス(敷布団)選びのポイントとして

1.高反発で体圧分散性に優れている

2.寝返りがうちやすい

人は寝ている間に、約20~30回の寝返りを打ちます。

ずっと同じ姿勢で寝ていると、首や腰などの特定の部分に体圧の負荷がかかります。

そうなると、筋肉が緊張して疲労したり、血液やリンパの循環が悪くなってしまいます。

寝返りをうつことによって、特定の部分に体圧の負荷がかからないようになります。

また、寝返りの効果として、体の歪みを調整する効果もあります。

そこで、モットンは、欧米人に比べ筋力が弱い、日本人の体型を徹底的に研究し、さらに日本の風土・気候、日本人の体型を徹底的に研究し、日本人のためのマットレスを開発しました。

モットンの特徴として、

1.自然な寝返りをサポートする反発力

→日本人でも、女性でも自然な寝返りを打つことができるように、反発力にこだわっています。

従来の高反発マットレスと比べ、どのくらいの自然な寝返りが打てるかというと、通常の高反発マットレスを使用した場合の、1回のエネルギー消費量を100とすると、モットンを使用した場合の、寝返りする際のエネルギー量は約80ですみます。

 

2.体圧分散に優れ、腰の負担を可能な限り軽減

→通常の高反発マットレスは、敷布団やベットマットレスの上に置き使用します。その事を想定して厚さを4cmで設計されていますが、モットンは、畳や床に直接置いて使用する事を可能にするため、厚みを10cmにしました。

 

3.8万回の耐久性にも耐える、優れた耐久性

耐久性は、マットレス本来の性能を発揮するためには、非常に大事です。

その点、モットンは、8万回の耐久試験にも耐えるほどの耐久性があります。

寝具業界的では、敷布団の寿命は5年と言われていますが、モットンは、その他の布団と比較して、3倍の耐久性があります。

 

4.通気性が良く、蒸れにくい

発砲する泡の大きさを調整することによって、高い通気性・快適性を実現しています。

また、汗と空気を上から下へと流れやすくすることで、湿気がたまりにくく、蒸れにくい構造です。

コメントは受け付けていません。